家庭用脱毛機器のメリット

MENU

脱毛機器のメリット、デメリット

最近、ホームケア用の脱毛機器が沢山販売されており、色々なタイプのものがあります。まず1つは、抜くタイプのものですが、種類が幾つかあります。
むだ毛を挟み、痛みが生じない程度の軽い電波を流す事で、スムーズに脱毛ができます。

 

家庭用脱毛機器のメリット  セルフ脱毛器比較

しかし1本ずつ処理を行う為、かなりの時間を要します。電波を流すと言いましても、エステサロンで使用する電波よりかなり弱いものですので、むだ毛の量が減るまでかなりの期間を要します。

 

自宅用ですので、何らかのリスクがあった時に、対処ができない為、より大きな効果を出す事ができる強い電波は使えないということです。他にローラー式のものが有り、こちらは何本かの毛を一気に抜いていくものですが、痛みを感じやすいです。

 

次に、熱線を利用するタイプであり、むだ毛を熱線で焼くようになっています。脱毛や除毛ではありませんが、熱自体が毛根まで伝わります。何度か回数を繰り返すことで、徐々にむだ毛が目立たなくなってきます。痛み自体はあまりないようです。

 

脱毛サロンと同様に光脱毛やレーザー脱毛ができる機器も出ています。価格は抜くタイプや熱線のタイプに比べ高額ですが、痛みが殆どなく処理の時間も短くて済みます。次にむだ毛が生えてくるまでのサイクルが長く、何度か行うことでむだ毛の量が減ります。更に、美肌効果も兼ねている脱毛機器も有り、毛抜きやカミソリを使っての自己脱毛は面倒だけど、脱毛サロンに行く時間やお金がないという方には丁度いい製品だといえます。

 

それぞれの脱毛機器には、メリット、デメリットがいくつかありますが、時と場合に酔って使い分けることも可能です。
今は熱線で焼き切るタイプの脱毛器はほとんど販売していないので、ほとんどの人が、カミソリ、毛抜き、フラッシュ脱毛機器、レーザー脱毛器のどれかを使っていると思います。

 

家庭用脱毛機器のメリット  セルフ脱毛器比較

フラッシュ脱毛器のメリットといえば、照射する面積が多い為、短時間で脱毛をすることが可能です。

フラッシュ脱毛器で人気のケノンの場合、痛みが生じない程度の軽い電波を流す事が出来る毛抜きが付いているので、眉毛脱毛も可能です。

 

ケノンについてはこちらのページを参考にしてみてください。

家庭用脱毛機器のメリット  セルフ脱毛器比較関連ページ

セルフ脱毛器の効果と種類
毛抜きを使用して脱毛はOK?